クリニックで行っている脱毛

脱毛の種類
Home » 脱毛の種類 » クリニックで行っている脱毛
ribbon

クリニックで行っている脱毛

医療機関である医療クリニックでは、様々な治療を受けたり施術を受けることができます。
そして医療クリニックによっては脱毛施術を取り扱っているところも多いです。
特に美容関係をメインとして行っている医療クリニックでは、脱毛のメニューを取り扱っているところがほとんどなんですね。
この医療クリニックで行われている脱毛の種類について紹介します。

基本的に医療クリニックで行われている脱毛方法は、医療レーザー脱毛やニードル脱毛が多いですね。
医療レーザー脱毛は、レーザーを脱毛したい部位に当てることによって、脱毛効果を出すというもの。
施術ではレーザーを使用するのですが、レーザーは医師しか使用することができないと決まっています。
レーザーを使用することは医療行為なんですね。
ですので、医療クリニックなどの医療機関でのみ行うことができる脱毛方法となっています。

またニードル脱毛も同じく医療行為である脱毛方法。
毛穴一つ一つに電気針を刺して、電気針から電流を流して毛根を死滅させるという脱毛方法となっています。

どちらも医療クリニックで行うことができる脱毛方法で、永久脱毛が可能であるといわれている脱毛方法となっています。
医療レーザー脱毛では1回1回の施術の効果がとても高くて、短期間で脱毛を完了させることができます。
しかし、保険適用外となってしまいますので高額な料金がかかることになりますが、それでも少ない回数で脱毛を完了できるというメリットは大きいですね。

またニードル脱毛の場合でも効果はかなり高いです。
毛穴一つ一つに対して効果的なアプローチをする方法なので、確実にムダ毛をなくすことが可能です。
ですが痛みがかなり強くて、途中で断念してしまう方もいらっしゃるようです。
それから毛穴の一つ一つに施術を行っていくものとなりますので、どうしても時間はかなり掛かってしまいます。
またニードル脱毛でも、費用は保険適用外の全額自己負担なのでかなりかかってしまいます。
どうしても値段が高いのが悩みとなるかもしれません。

脱毛の種類 | 05月16日更新